不動産の仲介の仕組み

不動産仲介でかかる手数料

不動産の仲介手数料の仕組み

不動産の仲介手数料は、借主と貸主が負担する仕組みになっています。ただ、特約によってそれを変更できるように法令で規定されています。実際はその特約によって、借主が全額負担するようになっていることが多いです。ただし、借り手がなかなか現れない場合などは、その仲介手数料を無料としています。これは、貸主の側が全額負担しているため、無料となっています。無料だからといって悪い物件というわけではありませんので、不動産を借りるときに少しでも負担を抑えたいという方は、無料の物件を探すと良いです。探せば確実にそういった物件はあります。

不動産会社の取引態様の仲介

不動産会社のお店では、たくさんの物件広告を閲覧することができます。その広告の中に、取引態様という項目があります。取引態様というのは、会社がどういった立場でその物件取引に関わっているかを示すもので、貸主・代理・仲介と3つの取引態様があります。このうち、貸主というのは、会社が自ら貸主つまり大家さんとなって借り手と契約をしている形です。代理では、他にその物件のオーナーがいて、その代理で会社が賃貸契約成立をサポートしています。そして仲介は一番多い取引態様で、物件のオーナーと借り手との間に不動産会社が経って大家さんと借り手との間の賃貸契約成立を助けています。これら3つの取引態様のうち、貸主以外では物件を斡旋した会社は手数料を請求できます。

↑PAGE TOP

Copyright © 不動産仲介でかかる手数料 All rights reserved