不動産仲介の営業

不動産の仲介を行う仕事

不動産の仲介営業で必要なスキル

不動産の仲介の営業は、コミュニケーションスキルが重要な仕事です。他の仕事以上に、お客さんと接する機会が多いため、その能力が特に求められるのです。しかも、直接相対するので、その反応はすぐに自分でもわかってしまいます。それが良くない反応であれば、それをくみ取って別の対応をするなどの臨機応変な対応が重要です。それが得意な人ならば、やりがいを感じられる仕事です。また、成果が目に見えるというのも良い点です。不動産を仲介することができた件数がそのまま実績となるからです。努力をするのが得意という人にも向いています。

不動産会社の仲介手数料の請求

賃貸契約を正式に取り交わす時に必要な初期費用の中に、不動産会社への手数料があります。この手数料は、賃貸物件を斡旋してもらったことに対するものです。ここで、会社が物件を扱う立場にはいくつかのタイプがあります。これを取引態様といいます。取引態様は、会社が所有する物件を賃貸する貸主、別の所有者に代わって契約成立を助ける代理、そして全賃貸物件の中で一番多く所有者と借り手との間に会社が経って賃貸契約成立をサポートする仲介と3つあります。このうち、自社物件とも呼ばれる貸主の取引態度以外では不動産会社は手数料を請求することができます。この手数料については賃貸契約取引を管轄する宅地建物取引業法で請求する権利が認められていて、家賃の1か月分を上限に成功報酬で仲介手数料が請求できます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 不動産仲介でかかる手数料 All rights reserved