底地について知る

底地という土地とはなにか

底地とは借地権付きの土地

底地とは、借地権や地上権などのついた土地を指す言葉です。通常、土地の所有者は、自分の土地を「使用」「収益」「処分」する権利を持っています。しかし、借地権付きの土地は、その土地に家を建てて住んでいる人などの権利が保護されているため、それを無視して地主が第三者に土地を売ることが難しいなど、自由に扱うことはできなくなっています。土地としての価値は、完全所有権価格から借地権価格を引いたものが、底地価格として設定されます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 不動産仲介でかかる手数料 All rights reserved